アパマンショップで働く日々。

地元の不動産屋で日々仕事をし知った事や経験した事を伝えるブログ。

家賃は月の収入3分の1が目安は嘘です。

f:id:tanakaokada7313:20220113114957p:plain

 

1人暮らしをする際には、まずお部屋探しをするかと思います。

みなさんは何を基準に、何を目安にお部屋を探しますか?

一般的には家賃は収入の3分の1くらいが目安と言われておりますが、それは本当なんでしょうか?

個人的に20代、30代の1人暮らしだとそれは難しいのではないかと…

さらに生活が困窮すると思っており、賃貸の仲介・管理の仕事を通じてそれが間違いだと思ったので、例を交えながら説明したいと思います。

 

 

家賃は月収の3分の1は適切なのか?

  • 北海道在住
  • 30代 会社員 独身
  • 年収340万円
  • 月手取り15~17万円
  • 賞与計70~80万円
  • 自家用車あり(ローンなし)
  • 家賃4,4万円
  • オール電化、ネット無料の部屋

 

これでザックリ計算してみます。

【最低限必要なお金】

家賃          44,000円

水道料金      約3,000円

電気料金      約9,000円

自動車保険     約6,000円

スマホ料金     約7,000円

ガソリン代      約9,000円

合計          78,000円

ざっとこれくらいでしょうか。

毎月16万円の手取りであれば8万弱は残りますね!

そこから食費、貯金、交遊費、その他…

全然余裕の生活ができ、家賃も適切だと思います。

 

が、

 

リアルな日々はそうではありませんよね?

田舎だと車は1人1台所有しており、誰しもが現金一括で購入しているワケではありません。

そうなると車のローン代も上乗せされます。

日頃のメンテナス費用や毎年の税金、2年毎に車検もあります。

食費や日用品もそれなりにかかりますし、

喫煙していれば1箱600円×30日で18,000円

ゲームで課金していたりすればスマホ代もかかりますし、習い事やスポーツジムに通っていればその費用、女性であれば脱毛サロンや美容院の費用、化粧品

他にも冠婚葬祭もありますし、ケガや病気もあります。

毎日ファミチキ買って帰るかもしれませんしね!笑

 

私は夏に手首を骨折し、その治療費で合計2万円ほどかかりました。

突然こういう事があると余計な出費になってしまいますよね。

 

日々の食費や日用品など切り詰めずに生活し、友人達と遊びに出かけたり外食したり、恋人がいればデート費用も必要で、40代50代の1人暮らしとは少しワケが違います!

 

節約をすれば良いだけですが、生活費などを圧縮して過ごせない方が多くいる事も事実です。

 

では、何がどうであれば適切なのか?

 

月収の3分の1は収入による。

例えば

『月収が15万円で5万円の家賃』

『月収が60万円で20万円の家賃』

では全然違いますよね?

 

前者の場合では、家賃を払うと残り10万円で光熱費や生活費となると全然残らないですよね?

 

これでは何の為に生きているのかわからなくなってしまいますし、若い時は遊びたい気持ちや無駄遣いしたりと、20代は暮らしにお金はなかなか使えないものです。

 

実際にお部屋探しを日々の業務で行っている中で、申し込みを記入してもらうまではその人の年収や業種お勤め先などはわかりません。

 

特に若い女性のお部屋探しは新しく家賃の高い所を選びがちな傾向にあり、賞与などがなく年収240万円くらいでも家賃7万円の新築アパートに入居を決めたりする方もおります。

 

贅沢せず、日々家での暮らしを充実させる方なら問題ありませんが、車のローンがあったり定期的に遊びに出かけたり、贅沢をする人は早い段階で退去してします。

実際に希望の条件が「家賃が安い所で」と言う住み替え予定の若い女性のお部屋探しは多々あります。

 

結局、家賃の目安はその人の日々の暮らしや生活により変わりますので、まずは自分の収入支出を計算し考え、月収の3分の1ではなくなるべく余裕の持てる額でお部屋探しをするべきです。

 

現代ではインターネット環境を気にする方は多く、個人でネット契約をすると毎月3,000~5,000円程度かかりますので、なるべくインターネット利用が無料の物件を探すのが良きです!

お部屋探しをするなら 全国賃貸情報 アパマンショップ 公式サイトで地図や条件から気に入った部屋が探せます。

 

安くて良い部屋はあるの?

そもそも住むエリアや地域によって家賃相場は様々ですので、まずはそこを見極めましょう!

 

相場より安くて設備や環境などが良い部屋はなかなか空室になりませんので、引っ越しや住み替えを検討しているのであれば事前にネットで空室情報を調べると良いでしょう!

 

アパマンショップのホームページを日々閲覧している人もおり、空き次第すぐ問い合わせて契約なんて事も沢山あります。

管理会社が退去の連絡を受けるとその部屋の空室募集を掲載しますので、そのタイミングが最大のチャンスです。

 

しかしいつ空室になるかなんてわからないので、引っ越しや住み替えを検討している方は日頃からマメにチェックしてないといけません。

空室は早い者勝ちです。

 

最近あった実際の例

夕方に退去の連絡を受け付け、退勤前にホームページに掲載し帰宅。

翌日の朝イチに電話が鳴り、掲載したばかりのその部屋の内覧と契約をしたいとの問い合わせがありました。

昼頃にも別の方からの問い合わせがあり、先客がいると回答をし、先客を案内。

朝イチに問い合わせをしたお客様がお部屋を内覧しそのまま申し込みをしましたので、ホームページの掲載を下げ昼頃問い合わせいただいた方には

「先客で決まってしまいました」と連絡をしました。

 

社内でも「その部屋空室募集出したの昨日だよ?」とか「速すぎるだろ!」など少し話題になりました。

 

建物オーナーには嬉しいこのような事がありますので、日頃からチェックする事で良い物件へたどり着く事ができます。

 

お部屋探しは時の運

自分の適正な家賃を定めて希望の条件でお部屋探しをしていても、結局家賃の予算を上げないと希望のお部屋が無いという事が多々あります。

 

私も普段仕事をしている中で「家賃を上げれば少し範囲が広がります」と提案する事もたくさんあり、家賃か条件のどちらかを妥協ができなかったりしないとなかなか決まりませんので、やはりお部屋探しは事前にネット【全国賃貸情報 アパマンショップ】で調べる事が大事で、それにツバを着けておく事も大事です。

 

自分がお部屋探しをしている時に希望とマッチする物件があるかないかは時の運次第です!

 

この記事が誰かの参考になればと思います。

anpaman.syakkinkeiba.info

にほんブログ村 住まいブログ 賃貸住宅・賃貸物件へ
にほんブログ村